コツさえつかめば簡単!子供が簡単に自転車に乗れる方法

入学前からちらほら始まる自転車特訓!

保育園や幼稚園の時に補助付きの自転車を買い与え、小学校入学前までに補助なしにチャレンジさせる、という親御さんは多いのではないでしょうか。最近は安全性を考えて、膝や肘につけるプロテクターやヘルメットも数多く販売されています。子供が安全に、しかも早く自転車に乗れるようになるコツをまとめてみました。自転車の練習は付き合う親も中々に重労働ですが、コツとタイミングさえつかめば小さな子供でもすぐに乗れるようになるのでぜひチャレンジしてみて下さい。

まずは体に合った自転車を選びましょう!

自転車を乗る上で大切なのはサドルの位置とハンドルとの距離です。補助有の場合はつま先が付けば、こぐことが可能ですが、補助なしの場合、つま先立ちの状態ではバランスがとりにくく、こける原因になります。また、すぐに大きくなるからと大き目の自転車を購入すると、体とハンドルの位置が離れすぎ、バランスが取れなくなります。まずは子供の体型にあったインチの自転車を用意しましょう。サドルの位置も足の裏がきちんとつく位置に合わせることをお勧めします。

スピードをつけて、バランス感覚を養う。

自転車はスピードが出ているときのほうがバランスが安定します。そこでおすすめなのが、緩やかな下り坂での練習です。最初は両足を離した状態で、バランスをとりながらおり、慣れてきたらペダルに足をのせて少しずつ坂道をこぎます。この時あまり急な坂でやると一気に加速してしまい危険なので、緩やかで幅のある道を選ぶことが肝心です。また、いち、に、さんで手を離すよ、とあらかじめ子供に伝えておき、タイミングを計って手を離す方法もあります。

自転車用の空気入れやオイル、グリスなどメンテ用のアイテムも充実している名古屋の自転車のショップがたくさんあります。